通勤の際によく利用することが多い売店でも、クレジットカードは使えるようになっています。
昔に比べ、売店に置かれている商品も品揃えが良くなりました。
日用品を扱っていることもあり、女性でもより利用しやすくなったと言えます。
クレジット機能以外にも、駅の中にある売店は電子マネーと一体になったタイプがより利用しやすい傾向にあります。
更に電子マネーを最も使う場所は公共交通機関とも言われているので、電子マネーと一体になったクレジットカードは理に適っているとも言えるのです。

売店でクレジットカードなんて、と考える方もいるかもしれません。
ですが、わざわざ小銭を出す手間もお釣りを受け取る手間もないクレジットカードを持っていれば、急いでいる時に合わせなくて済みます。
そこで狙い目なのが、ビュースイカカードになります。
Suicaと言えば、今や電車通勤の方の殆どが使っているだろう電子マネーになります。
Suicaは電車に乗る時にしか使われないイメージもありますが、実は売店でも使える便利な電子マネーでもあります。
このSuicaのマークが付いている売店ならどこでも利用ができるので、JRや地下鉄など多くの駅構内の売店で利用できます。
更にこのカードはオートチャージ機能が付いているので、いちいちチャージする手間がありません。
このオートチャージでもポイントが貯まります。
通常のショッピング利用でも1,000円で2ポイント、JRでの定期券購入で1,000円で6ポイントが貯まります。
貯まったポイントはSuicaへチャージできます。
Suicaとクレジットカード、両方の機能で売店をお得に利用できるのです。